手づくり石鹸・化粧品で、生活が変わりつつあります。長年付き合ってるニキビ、しみ、しわ・・・どうなるの? 髪の毛は? そんなレポートをお届けします!
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
ブレンダーとPP容器
2009-04-30 Thu 19:54
ようやくですが、ブレンダーを買いました。
変圧器を使うのは面倒なので、韓国様式の220vで。

kaoさんにブレンダーのアドバイスをいただいてたので、
攪拌でタネに浸かる部分はプラスティックではなくステンレス素材で、
強弱の切り替えができるものにしました。
IMG_2959.jpg

同時にブレンダーにちょうどいい縦長タイプのPP容器を探してて
薫子さんに通販を教えてもらったんだけど、容器は安いのに送料が・・・・。

ってことで、いつも行かないようなこっちのお店をのぞいてみたら・・・・・
PP2L容器があったー!!

で、早速、ブレンダーデビューです。

韓国の石鹸教室ではブレンダーとこの縦型容器(ステンレスですが)が基本です。
ぷりんさんの行ってるお教室とソウルのお教室も基本のやり方は一緒ですね。

まず、同じ温度に合わせたオイルとアルカリ溶液を混ぜ合わせる際にヘラで同じ方向に5分かき混ぜてそのあと、ブレンダーの登場であっという間にトレース。
オプション入れるタイミングが難しい~。

ヘラで同じ方向にかき混ぜるのは、どうやらオイルの流動性?を規則正しくそろえるためだとか?
なので、ブレンダーの回転方向と合わせなくてはいけないそうです。
泡立て器を使わないのは、気泡を入れないようにってことらしいけど、やってみると意外と泡立て器よりもヘラの方がタネがよく動く=よく攪拌されてる?ような気が・・・。

まあ、流動性の科学的根拠や泡だて器とヘラでかき混ぜた時の鹸化の違いとかあるのかどうか分かんないけど (ご存知の方はぜひ情報をお願いいたします♪)、ヘラでかき混ぜれば洗い物が一つ減るっていうのは確かだね。

それと、深くて底の面積の狭めな取っ手付き・注ぎ口付きの容器を使うのはブレンダーで気泡を入れず全体を攪拌しやすく、注ぎやすいという意味では理にかなってるなと思いました。

日本での常識的なやり方と韓国でのやり方のいいところをミックスさせて(?)簡単にいい石鹸ができたらそれが一番いいよね~? (はるな愛風♪)

とりあえず、韓国式のステンレス容器をPP容器に変えて気泡がどうなるか、しっかり鹸化されるかどうかなどを見てみたいと思います♪

ミンクの考えるペットボトルと比べた時のブレンダーのメリットとデメリットをかき出してみました。
これからどんな方法で作るか悩んでるという方に少しでも参考になればと思います♪

【ブレンダーのメリット】 
・時間短縮になる
・気泡が入りにくい (深い容器で作る場合)
・固形オイルをはじめ材料を入れやすい
・オプションを入れやすく、マーブルも作りやすい
・ペットボトルの用意やリサイクルに出す手間も省ける
・ペットボトルをシャカシャカする体力は必要ない(笑)

【ブレンダーのデメリット】 
・ブレンダーの刃の裏などふき取りや後片付けが面倒 
・持ち歩いて攪拌できない
・米油などを使ったトレースの早いものは使えないことも
・あらかじめ材料の一式を何種類も用意できない (ペットボトルだと数バッチ分をセッティングして冷蔵庫保管できる)

ブレンダーも慣れれば、トレースも見極めが簡単になってくるし、後片付けも楽になるかも~。
今のところ、総合的に考えるとペットボトルよりブレンダーの方が楽に感じてるのでこのままブレンダー派になるかも~。

いろいろな情報を教えてくださったkaoさん、薫子さん、ぷりんさん、ありがとうございました♪
おかげさまで、石鹸の作り方の幅が広がりました~。

ブレンダー 気になったら押してね♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ
にほんブログ村

・・・・・と この記事を書いてすでに数か月が経過・・・・・・・・

トレースの見極めも出来るようになったし、刃の裏側はさっとふき取り、同じくふき取ったPP容器に液体石鹸を入れてぬるま湯を3分の2ぐらい入れて、そのまま、ブレンダーを突っ込み回します。
水を変えて同じことを繰り返すとすっかり刃の裏の細かい部分もきれいになってます。

というわけで、その後は、ブレンダーが大活躍しています。
迷っている人には、ぜひお勧めです♪

まだ↓押してない人はどうぞ♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ
にほんブログ村
別窓 | 手づくり石鹸の道具 | コメント:10 | トラックバック:0 | top↑
<<Giliaさんから頂き物♪ | 手づくり石鹸でどれだけ変われるの? | ニキビとの新たな戦い!(必見)>>
この記事のコメント
混ぜるのが良いって私も最近どこかで見かけましたよ~。
今度やってみようかと思っていたんですが、韓国ではヘラが主流なんですね。
しかも同じ方向に5分間!良いことを教えていただきました♪

ブレンダー、確かに攪拌はグンと楽になるけれど、洗うのが面倒~~。
でも、便利ですよね^^私も愛用しています♪
2009-05-01 Fri 10:34 | URL | まゆ★ #-[ 内容変更]
こんにちは~!
そうですよね~ブレンダーだとトレースが早いから全てを準備してからじゃなきゃ出来ないですよね♪
うちのブレンダーは細かい所を掃除するブラシが付いていたので最後はそれで洗っていますが・・・良い事聞いちゃったな~♪
PP容器は100均で購入できたけど・・・うちのは1Lなの・・・私も探しに行って来よう♪
今は手が使えないからお休みしてるけど使えるようになったら~って思って色んな石けん考えてます♪
ほんとうに心配掛けてごめんなさいです!!
2009-05-01 Fri 12:33 | URL | kao #-[ 内容変更]
こんにちは~♪

そうなんです。こっちではステンレスの深い取っ手付きの入れ物にブレンダーというのが主流ですね。

泡立て器なんて誰も使ってませんね。石鹸の材料店でもブレンダーや容器、ヘラは売ってても泡立て器は売ってないし。アクリルモールドは韓国では誰も使ってないですね。みんな四角いのはシリコンモールド。

基本的には硬めの石鹸のレシピだからシリコンでもうまく型出しできるんじゃないかと思います。

わたしはブレンダー石鹸専用にしてるので、ブラシで丁寧にまではしてないな~。でも、すぐに水の中で回すだけでほとんどきれいになるよ~。

2009-05-01 Fri 22:05 | URL | ミンク #-[ 内容変更]
そうなの。トレースが早いので、最初に全部用意しておかないとね。香り入れ忘れたこともすでに何度か・・・。

ブレンダーのお掃除の仕方って言うのが説明書にあったの。使ってすぐだったら、ブラシでやらなくてもほとんどきれいになりますよ。

PPは1Lでも大丈夫だと思うけど、2Lなら1キロバッチもできそうな気がするな~。

早く手が治るといいね~。kaoさんの石鹸楽しみにしています♪
2009-05-01 Fri 22:10 | URL | ミンク #-[ 内容変更]
こんにちは~♪
(自分のHNが出ていて嬉し恥ずかし)

私はもっぱら手動ですね~。
ブレンダーも何回か使ったことがあるのですが、音が大きいので、子供が寝ている間にぐるぐるしている私には向きません…。
すぐにトレースが出てしまうのも、作った気がしなくてつまらないというか(笑)
うちの先生もヘラ派です。ブレンダーを使うのはQ-CP石けんのとき(と、大量に作るとか、急いでいるとか、何か事情があるとき)だけです。
工房に通いだしてから、私も泡だて器は使わなくなってしまいました。静かだし、洗い物がひとつ減るので。

日本と韓国と、道具とか作り方とか、ちょっとずつ違いますよね。(韓国では「同じ方向に混ぜる」って必ず言われますけど、日本では聞きませんし。)
ミンクさんのおっしゃるとおり、それぞれのいいところをミックスさせて、自分にいちばん合った方法を見つけていけたらと思います☆
2009-05-02 Sat 10:55 | URL | ぷりん #PBcf3R8Q[ 内容変更]
確かにヘラだと音もでなくて静かですよね。
それなのに、よく攪拌されるし、気泡も入らないし、洗い物は少なくなる。
そう考えるとヘラでかき混ぜる方法はすごいですね~。
でも、ここまで当たり前になってる泡立て器をやめてヘラにしようと思う人はなかなかいないのでしょうね。

ブレンダーも3秒押して、ブレンダーを泡立て気に見立てて、手でよくかき混ぜるの繰り返しなので、一応自分で攪拌してるという面白さは感じられます。

ヘラだけで全部最後までやったことはないですけど、どのくらいでトレース出るんだろう?
まだまだ試してみないことがいっぱいありますね。
2009-05-02 Sat 14:16 | URL | ミンク #-[ 内容変更]
こんにちは~♪
お久しぶりです^^
ミンクさんお元気ですか~?

なんととうとうブレンダー買ったんですね~(≧∇≦)キャー♪
私も欲しいですー♪
この間朝4時にトレース出てからは特に(笑)
片付けが一番気になるところだなー。。

もう少しミンクさんが使った感想を伺ってからにしようかな♪

大バッチで作る事が多いからやっぱりあると便利だろうなー♪
2009-05-04 Mon 09:42 | URL | mikke #-[ 内容変更]
mikkeさん
おひさしぶり~♪

ブレンダーいいよ~~。
ゼッタイおすすめです。

追記で後片付けの仕方も書いてあるんだけど、簡単だよ!石鹸専用だから、そんなに神経質に洗わなくてもいいし。
多分1キロバッチでもOKだとおもうよ~。
体力的にすごく楽になったし、今までは3時間は予定がなにも入ってない日しか作れなかったけど、今なら準備から片付けまで入れても1時間半あれば、十分かな。
1時間でもいけると思う。
2009-05-04 Mon 22:51 | URL | ミンク #-[ 内容変更]
こんにちは。

先日はリンク、ありがとうございました。

石けんは、攪拌するスピードに正比例して鹼化が進むそうです。
なのでブレンダーを使うと早くできる代わりに、泡立て器でゆっくり作る時より
石けんは酸化しやすくなるというお話を、某有名ソーパーさんよりつい最近聞きました。
(超高速回転ですからマクロの世界ではやっぱり摩擦熱とか生じてる??)
酸化しやすいオイルを使うときは、泡立て器、なのかな、と思いました。

マルセイユとかトレースが激遅のオイルも、しっかりとトレースが出る前に型入れしてしまっても
鹸化に十分な攪拌が出来ていれば、トレースと呼べない状態の生地でも
型の中で石けんになっていくものです。

私は石けんに米油とひまし油をほぼ使うので、準備から型入れまで40分程度で出来てしまうので
ブレンダーを使うことはほとんどありませんよ☆
2009-05-24 Sun 12:34 | URL | POP #mQop/nM.[ 内容変更]
こちらこそ、リンクありがとうございました♪

先日のあの方の講習会ですね♪
攪拌の早さと鹸化の早さが比例するということですか?
わたしの中では反比例の様な気がしてました。(汗)
ブレンダーを使った方が鹸化がうまくいかないような気がして…。今まで見たことがなかったソーダ灰にもお目にかかることも多く・・・。

それとも、早く鹸化したことで十分に鹸化されない部分が出てきたってことなのかな?

鹸化と酸化もそのまま比例するってことなんですね。
鹸化速度が速いと酸化の速度も速い・・・。

これもわかるようなわからないような…。難しい・・・。
これってその方が実験した上での結果なんですよね?
だとしたら、確かな情報ですもんね。
出来れば、酸化の速度がどのくらい違うのかわかるといいですよね。数か月程度なのか、数年の差が出るのか。
それによって、どういうやり方で攪拌するのがいいのか選べますからね。

わたしも米油の使用感が好きで入れることが多いですけど、トレースの気配がしてからが早いですよね。
オプションを入れてる間にどんどんもったりと・・・・。

とりあえず、ブレンダーで作った石鹸たちの様子もよくみてみようと思います。(酸化が早いのかどうか)

貴重な情報ありがとうございました!感謝感謝!
これからもどうぞよろしくお願いいたします♪
2009-05-24 Sun 13:06 | URL | ミンク #-[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 手づくり石鹸でどれだけ変われるの? |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。