手づくり石鹸・化粧品で、生活が変わりつつあります。長年付き合ってるニキビ、しみ、しわ・・・どうなるの? 髪の毛は? そんなレポートをお届けします!
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
【必見】 手作りキムチ レシピ大公開!
2013-02-26 Tue 18:16
韓国人のお友達に教わって、キムチを自分好みに作ることにはまり始めました。
最初はしょっぱすぎたり、辛すぎたり、砂糖を多めにして甘めにしたらぶくぶく泡立って、したがしびれるような発酵過多になってしまったり。

何度化失敗を繰り返しながらようやくちょっとづつわかってきたような気がします。

今日は基本となるレシピを公開させていただきますね。

材料
・白菜 大1個 
・大根 4分の1本
・人参 半分
・ニラ 半束
・ネギ 4分の1本
・塩漬け用塩 カップ半分
・コチュカル(唐辛子粉)カップ1
・お粥 カップ1~2 (すりつぶし)
・砂糖 大さじ1杯
・にんにく 1株 (すりつぶし)
・しょうが 1かけ (すりつぶし)
・りんご(orなし)1個 (すりつぶし)
・ナンプラー(魚やイカ)カップ半分弱
・アミのナンプラーorアミの塩辛 大さじ2~3

※アミのナンプラーやキムチ用唐辛子粉は新大久保のスーパーで売っていました。

分量はあくまで目安です。
甘めにしたければ、りんごの分量を増やすとか、玉ねぎを加えるなどできます。
しょっぱくしたければ、最初の塩漬けの時間を長くすればいいです。
塩漬けしすぎたと思ったらナンプラーの量を減らすなど応用できます。

さて、材料が揃ったらここからキムチ作り開始です!

①白菜を半分に切り、それぞれの葉っぱの根元を中心に塩をすり込み2~3時間置く。
DSC08846.jpg

②大根はいちょう切りにして塩漬けする。(白菜よりも塩が染み込みやすいので時間を短くする)
DSC08847.jpg

③白菜と大根がしなっとなったら水でよくすすぎ、絞る。これを3回繰り返す。

④コチュカル(唐辛子粉)にすりつぶしたおかゆ、砂糖、フルーツ、にんにく、しょうが、ナンプラー類を入れビニール手袋をしてよく揉み合わせる。
DSC08848.jpg
しょうがすりつぶし
DSC08849.jpg
にんにくはにんにくつぶし器で
DSC08852.jpg
コチュカルとお粥で綺麗な紅白!
DSC08853.jpg
コチュカル、お粥、しょうが、にんにく、砂糖、このあとナンプラー類も入れる。

⑤細切りにした人参、ネギ、ニラ(3cm)と②の大根を③に混ぜ合わせる。

⑥①の白菜のそれぞれの葉の間に⑤を塗りつけていく。

⑦全体的に塗り終わったら、切った面を上にしてタッパーに入れ、常温で1日保存する。

⑧タッパーの中に水が上がってくるので、白菜を押し込んで冷蔵庫保存する。
DSC08856.jpg
完成!
⑨2~3日ほどで浅漬けキムチが食べ始められます。2~3ヶ月は冷蔵保存可能です。
酸っぱくなったキムチはキムチチゲ、キムチジョン、豚キムチ、ビビンパ、キムチキムパプ、などなどいろいろなお料理にするととっても美味しいです。


以上のような流れです。

注意事項
・コチュカルを混ぜ合わせから最後まで、ビニール手袋と汚れてもいい服装(エプロン)で行ってください。
・タッパーは水が上がってくることを考え少し大きめサイズがいいです。
・調味料から野菜の分量はお好みで変えてください。
・砂糖を入れすぎると発酵をしすぎて泡立ってきてしまうので注意が必要です。野菜やフルーツは大丈夫です
・生姜とにんにくはフードプロセッサーを使うと口当たりもいいし、楽です。
・白菜の水洗い後はこれでもかというほど水を絞ったほうがいいです。
・キムチを食べ終わったあとの水分も旨みが詰まっててお料理に使えるので、捨てないで利用してくださいね。

以上です。

キムチを使ったお料理も教わったので、次回ご紹介させていただきます。

キムチを作ってみようと思った方は
↓こちらを押してくださいね。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ソープカービングへ
にほんブログ村
果樹・野菜ランキングにも登録してみました。一度のぞいてくださいね。
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

別窓 | その他趣味 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
| 手づくり石鹸でどれだけ変われるの? |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。